原付の選び方をわかりやすく説明。

原付とは?

原動機付き自転車の簡単な歴史。

私たちが、原付(原動機付き自転車)の免許を取得した年代は、ヘルメットをかぶらなくても違反にはならない時代だった。

ロードパル画像

特に原付のスクーターは、ラッタッタなどと呼ばれてほんとに自転車感覚で乗れる

乗り物でした。最初にホンダからロードパルという自動変速のスクーターの原型みたいな車種が発売されました。

性能的には、空冷2ストローク単気筒で2.2PSです。現在の原付スクーターでは、5PSぐらいでスポーツタイプになると7.2PSですので

 

ロードパルが生まれた この年代

(1976年)から原付スクーター(オートマチック車の車体)に

拍車が、かかって進化していきます。

 

ホンダが大々的に大物女優ソフィアローレンによる

テレビコマーシャルを展開したのが印象的でした。

 

 

ヤマハパッソル翌年は、ヤマハからパッソルが登場します。このパッソルも女優の八千草薫をコマーシャルに起用して話題をよびました。

最高出力もほぼ同じ2.3PSでしたが足をそろえて乗れるかたちは、パッソルから始まったのでは、ないでしょうか?

スクーター以外の原付(ミッション車)では、1979年にホンダが全長1880mmで最高出力7PSの2サイクルエンジン搭載のMB50を発売しました。

ホンダMB-5これが原付バイクの高性能競争のスタートであったと思います。モンキーやDAXなどの現在では、4ミニと呼ばれる車種体系は、もっと以前から発売されていましたが

車体の大きさやパワフルな2ストエンジンなどの機関を装備した50CCは、このMB-5からだと思います。

いずれにしても日本のオートバイの歴史のなかで空前のバイクブームが1980年ごろからはじまり、レプリカタイプを筆頭に色んなタイプの原付バイクがどんどん開発されていきました。

また、高性能を追求した時代がはじまり、日本製バイクの高度化が加速していきました。

 

1980年代 時代に乗り原付や原付バイクは大きく変貌を遂げて行った。現在の主な原付の車種は、この頃に源流をみます。

 

原動機付き自転車の現在。

現在の原付の動向を少しお話しします。

2007年度に世界でもっともきびしいバイクの排出ガス規制の法律ができました。

そのきびしい バイクの排出ガス規制を受けて、各オートバイメーカーは、燃料の供給システムをキャブレータからインジェクションにするなどして対策を余儀なくされました。

結果的に開発費や高価なシステムを装備することで、現在の原付バイクの新車価格は、上がっています。

エンジンの形式は、2000年頃から自動車などと同じ4サイクルエンジンに移り変わってきていましたが、

この2007年度のバイクの排出ガス規制により、ホンダ、ヤマハなどの国内メーカーの原付バイクの新車は、すべて4サイクルエンジンになりました。

どういうことかといいますと、2000年以前は、原付の場合50CCという小さなエンジンをフルに馬力を出してキビキビ動かしていました。それが、2サイクル(2スト)のエンジン形式です。

 

しかも4サイクルに比べると単純なエンジン形式のため、安価にコストを設定できます。車体重量も軽くできます。

2000年度から2006年度までの流れとしては、より安価な原付を提供しようと、各国内のメーカーは、外国で生産するなどして新車で10万円をしたまわる原付バイクを出していました。

それが、2007年度のバイクの排出ガス規制で新車価格が、上がってしまいました。

理由は、上記で説明した通り規制をクリアーするコストアップです。

原付の現状としてガソリン高騰の波をうけて、4輪の自動車から原付バイクでの移動を考えるユーザーが増えてきていますが、各国内メーカーの新車よりも中古の原付バイクやキムコなどに代表される規制の対象外の国外メーカーの新車への要望が多くなっています。

 

馬力重視の時代は、終わり、地球環境に重点をおいた原付バイクの時代になりました。ユーザーは、安価な物を求めて中古や外国メーカーに・・・・・・

 

最近の国内の原付メーカーの動向としては国内向けのモデルよりも海外へ向けた新車に

力を入れています。

日本国内が自動二輪や原付バイクの需要が落ち込む中でアジアなどの新興国は重要が

多いのでしょう。

その海外のモデルを日本国内向けに逆に輸入しています。

原付2種と呼ばれる排気量は特にそうですが正規ルートでの販売品と並行輸入された同じ車種の2タイプがバイクショップに並んでいる状態になっています。

例えばタイ仕様の同じ車種の原付とタイ生産ですが国内向けの同じ原付が併売されています。

価格も様々になってきていますが並行輸入ものの原付の方が価格は安く設定されています。

価格と保証内容などと比較して選択することが良いでしょう。 

 

新着情報

原付の免許制度が変更になるかも知れません。

現在の免許制度の50ccまでというくくりが125ccまでのくくりになるかもしれないという

情報です。

偉い方が「今、日本は第3次バイクブームだと思う」とコメントされているように高額なバイクやバイクのカスタムにお金をかける人がどんどん増えています。

しかしながら日本国内では新車の販売台数が年々減っています。

そこで国内の原付やオートバイの需要を活性化させる為に現行の原付免許で煩わし30km規制や

2段右折の無い原付2種を運転できるようになるかもしれないという事です。

そうなればほんとうに原付の市場がものすごく活性化されると思われます。

 

原付 選び図鑑

ホンダ

ディオ モンキー リード ロードパル ZX ベンリー トゥデイ モトコンポ ビア モトラ ピープル トピック

ドリーム パル ダックス ノーティダックス ハミング ズーマー リトルカブ カブラ タクト タクティー スカッシュ

スカイ スーパーカブ ジョルノ ジョルノクレア ジャイロ ゴリラ クレアスクーピー ジュリオ ジョーカー

ジョルカブ ZOOK SOLO マグナ NS-1 XR50モタード ライブDIO JAZZ(ジャズ) NSR キャビーナ 

スマートDIO Z4 チェスタ CRM APE(エイプ) Bite(バイト) CL50 CD50 ディオフィット 

ヤマハ

パッソル ミント ビーノ メイト YB-1 VOX RZ50 TZM50 TZR50R JOG(ジョグ) アプリオ リモコンジョグ

ギア BJ BW’S スーパージョグ ZR DT50 エボリューション アクシス 

スズキ

レッツ レッツ4 レッツ5 チョイノリ ヴェルデ カーナ エポ アドレス GS50 ZZ セピア マメタン ラブスリー

コレダ ストリートマジック スーパーモレ アドレスV50

カワサキ 

KSR AR50

 

新車から中古の原付 スクーターや4ミニなど全ての原付を掲載していきます。すこしずつ作成していきますね^^

 

 

〈PRサイト〉バイク買取

 

 

 

 


原付バイク 選びサイトhttp://jupiterteam.net/

  

 

 

原付画像3 

 

トップページ
原付とは?
原付バイク 選び方
原付 探し方
原付バイク 保険
原付 カスタム(改造)
原付 売却/下取り
原付 乗り方 種類別
原付 バッテリー タイヤ
原付バイク 免許
原付カー
原付バイク 整備
原付 中古
原付 スクーター
原付バイク 激安?格安?
原付 用品
原付 処分

管理人
リンク集
サイトマップ
当サイトの使い方

 


ホンダ 原付 

ヤマハ 原付 

スズキ 原付

カワサキ 原付

その他 原付

電動バイク/スクーター 

日本製バイク 

原付 輸送/配送料 

レンタルバイク 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国に情報発信

北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石山,富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄

 

 





Copyright©
SitePlanning Co.,Ltd. All Rights Reserved.